京都芸術センター
アーティスト・イン・レジデンス
プログラム

Kyoto Art Center Artist In Residence Program

京都府京都市    |    アーティスト・イン・レジデンス

Kyoto-city, KYOTO    |    Artist-in-Residence

基本情報

Basic information

Address〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL075-213-1000
FAX075-213-1004
Mailresidence@kac.or.jp info@kac.or.jp
Webhttp://www.kac.or.jp/
Blog
Facebookhttps://www.facebook.com/kyotoartcenter
Twitterhttps://twitter.com/Kyoto_artcenter
運営団体京都芸術センター
代表者館長:建畠 晢(たてはた あきら)
担当者勝冶 真美(かつや まみ)
利用方法助成公募、公募(プログラムによって異なる)
運営形態アーティスト・イン・レジデンス
事業開始年2000年
対応言語日本語・英語

Address604-8156 546-2 Yamabushiyama-cho, Takoyakushikudaru, Muromachi-tohri, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto, Japan
TEL+81 075-213-1000
FAX+81 075-213-1004
Mailresidence@kac.or.jp info@kac.or.jp
Webhttp://www.kac.or.jp/
Blog
Facebookhttps://www.facebook.com/kyotoartcenter
Twitterhttps://twitter.com/Kyoto_artcenter
Name of organization Kyoto Art Center
Name of OrganizerAkira Tatehata
Name of Coordinator(s)Mami Katsuya
How to apply
Type of OrganizationArtist-in-Residence
Year of commencemnet2000
LanguageJapanese, English

"芸術家や芸術分野の制作者・研究者等が、一定期間、京都に滞在しながら創作活動や交流を行うプログラム。異なる文化に触れることで新しい芸術表現を生み出そうとする新進又は若手のアーティストや芸術分野の研究者等の滞在創作活動を支援している。 都心部にありながらコミュニティとの関係も深く、大学や他の関連機関との幅広いネットワークを活かした多様なサポートが可能。京都ならではの伝統芸能や伝統工芸にも積極的に取り組み独自のプログラムを実施している。12室あるスタジオには京都の若い芸術家が集い日々創作を行っており、「KYOTO EXPERIMENT:京都国際舞台芸術祭」などの会場でもあることから、国際的な創造発信拠点として活動している。 "

his is a program which allows artists, creators, art researchers etc. to take up temporary residence in Kyoto and engage in creative production and local exchange. Through encounter with other cultures new art expressions come to be born, and this program offers its support to young artists and art researchers who push such a movement forward. Whilst based in the city center the residence as a deep connection with the local community as well as a wide network with universities and related intuitions, which can be drawn upon in support of a creator’s project. The program of course provides access to the traditional crafts and performing arts of Kyoto and actively incorporates these into its engagements. The studio space consists of 12 rooms which are occupied by various young artists of Kyoto whilst also being one of the host venues to “KYOTO EXPERIMENT– Kyoto International Performing Arts Festival”.

  • production
  • exhibition
  • research
  • social
  • solitary
  • international
  • city
  • festival
  • historical
  • contemporary

受け入れ条件

国籍
なし
年齢
なし
性別
なし
期間
原則3ヶ月以内
同伴
自費であれば可
分野
演劇、音楽、美術、工芸、写真/映像、彫刻、パフォーマンス、版画

Conditions

Nationality
None
Age
None
Sex
None
Period
Upto 3 months in principle
Companion
Welcome at own expense
Focus Area(s)
Theatre Arts, Music, Fine Arts, Crafts, Photography/Video, Sculpture, Perfroming Arts, Print-making

サポート

現地コーディネート
あり
招聘状発行
あり
滞在ビザ取得
あり

Support

Coordinator
Yes
Letter of Invitation
Yes
Visa
Yes

過去の滞在アーティスト

2016 ・A.lter s.sessio ・Maya Wananabe ・Michael Maurissens ・See KyongSan 2015 Hiroki Yamamoto(Art/IEngland) Hansol Yoon(theater/Korea) Dylan Sheridan & Laura Hindmarsh(invitation) (Art・Music・Phot/Video・Performance/Tasmania) Marti Ruiz(invitation)(Music/Spain) 2014 Allison Orr(invitation)(Dance/America) Araya Rasdjarmrearnsook(invitation)(Art/Thailand) Inbal Oshman (Dance/Israel) Jay Kochel(invitation) (Art/Australia) MART(Art/Ireland) 2013 Pius Cheung(invitation)(Music/America) She She Pop(invitation)(theater/Germany) Stephanie Comilang (Art/Canada) 2012 Oliver Herring(invitation)(Art/Germany) Liu Lushan(Performance/China) Mia Cabalfin & Rhosam Prudenciado Jr. (Dance/Philippines) 2011 Aimee Smith & Ben Taaffe(Dance/Australia) Inhwan Oh(invitation)(Art/Korea) 2010 Aydan Turker(Dance/Turkey)、Bettina Hvidevold Hystad(Art/Norway)

Previous residents

2016年 ・A.lter s.sessio(アルテセッシオ:ダンス・映像/フランス) ・Maya Wananabe (マヤ・ワタナベ:映像/チリ・オランダ) ・Michael Maurissens(ミカエル・モーリッセン:映像・ダンス) ・See KyongSan(ソ・ギョンソン/ダンス) 2015年 ・Hiroki Yamamoto(山本浩貴:美術/イギリス) ・Hansol Yoon(ユン・ハンソル:演劇/韓国) ・Dylan Sheridan & Laura Hindmarsh(招へい)(ディラン・シェリダン&ローラ・ハインドマーシュ:美術・音楽・写真/映像・パフォーマンス/タスマニア) ・Marti Ruiz(招へい)(マルティ・ルイツ:音楽/スペイン) 2014年 ・Allison Orr(招へい)(アリソン・オアー:ダンス/アメリカ) ・Araya Rasdjarmrearnsook(招へい)(アラヤー・ラートチャムルーンスック:美術/タイ) ・Inbal Oshman (インバル・オシュマン:ダンス/イスラエル) ・Jay Kochel(招へい) (ジェイ・コッヘル:美術/オーストラリア) ・MART(マート:美術/アイルランド) 2013年 ・Pius Cheung(招へい)(パイアス・チェン:音楽/アメリカ) ・She She Pop(招へい)(シー・シー・ポップ:演劇/ドイツ) ・Stephanie Comilang (ステファニー・コミラン:美術・カナダ) 2012年 ・Oliver Herring(招へい)(オリバー・ヘリング:美術/ドイツ) ・Liu Lushan (リュウ・ルーシャン:パフォーマンス/中国) ・Mia Cabalfin & Rhosam Prudenciado Jr. (ミア・カバルフィン、ロサム・プルデンシャドJr.:ダンス/フィリピン) 2011年 ・Aimee Smith & Ben Taaffe (エイミー・スミス&ベン・ターフェ:ダンス/オーストラリア) ・Inhwan Oh(招へい)(インファン・オ:美術/韓国) 2010年 ・Aydan Turker (アイダン・ターカー:ダンス/トルコ) ・Bettina Hvidevold Hystad (ベティーナ・ヴィーデヴォルト・ヒースタッド:美術/ノルウェー)

アクセス

Access

大阪国際空港(伊丹空港)から電車で約1時間
大阪モノレールに乗り阪急電車乗継「烏丸」駅下車。22・24 番出口より徒歩5分。

関西国際空港からから電車で約2時間
阪急電車に乗り「烏丸」駅下車。22・24 番出口より徒歩5分。

JR京都駅から地下鉄で約5分
地下鉄烏丸線で「四条」駅下車、22・24番出口より徒歩5分。

阪急京都線「烏丸」駅22・24 番出口より徒歩5分。

京阪本線「三条」駅から地下鉄東西線に乗り換え「烏丸御池」駅下車、4番出口より徒歩10分。

市バス「四条烏丸」駅下車、徒歩5分(3、5、201、203、207 系統など)
1h by TRAIN from Osaka International Airport (Itami Airport)
Take Osaka Monorail. Change to Hankyu Line and get off at “Karasuma Station”. Take Exit 22・24. 5mins. by walk.

2h by TRAIN from Kansai Internatinal Airport
Take Hankyu Line to “Karasuma Station”. Take Exit 22・24. 5mins. by walk.

5mins. by SUBWAY from Kyoto Station
Take Karasuma Line to “Shijo Station”. Take Exit 22・24. 5mins. by walk.

5min. walk from “Karasuma Station” Exit 22・24 on Hankyu-Kyoto Line

From Sanjo Station on Keihan Main Line, take Metro Tozai Line to “Karasuma-Oike Station”. 10min. walk from Exit4.

Take Kyoto Municipal Bus (3, 5, 201, 203, or 207) to “Shijo-Karasuma Stop”. 5mins. by walk.

地域の特徴

京都は、伝統と現代が融合する都市。創造的な活動をする人を惹きつけて止まない文化観光都市でもあります。日本的な生活習慣を大切にしながらも、独創的な新しい創作活動を支援する土壌があり、人口の1割が学生である大学の街でもあります。
  • 春(4〜5月)は平安時代より続く伝統的な祭り「葵祭」が開催され、葵の葉を飾った平安後期の装束での行列が有名。花街の芸舞妓が踊りを披露する舞踊会も人気が高い。また、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」が開催されています。
  • 毎年約30万人の観客が集まる日本を代表する祭である「祇園祭」が7月に行われます。鴨川の川床や、五山の送り火等、京都の風情を楽しむことができます。
  • 秋は平安神宮の祭りである「時代祭」が開催され、壮大な時代行列が行われます。また、国内外の先鋭的な作品を上演する「京都国際舞台芸術祭KYOTO EXPERIIMENT」が開催されています。
  • 南座では毎年12月に代表的な歌舞伎役者によって上演される顔見世興行が行われます。また2月中心に芸術系大学の制作展が各所で開催されます。

Local Charm

NIJYOU Temple KIYOMIZU Temple KINKAKU Temple KYOUTO CITY UNIVERSITY ART GALLERY The National Museum of Modern Art, Kyoto Kyoto Municipal Museum of Art
  • The traditional festival “Aoi Festival”which dates back to the Heian era celebrates the Aoi(hollyhock) plant, with participants attired in Heian dress adorned with the plant. The public dance performances of maiko in the entertainment district also see high popularity. In addition, “KYOTOGRAPHIE – Kyoto International Photography Festival” is held between April and May.
  • July brings one of Japan’s most famous festivals “Gion Festival” drawing over 300,000 visitors every year. Here the customs of Kyoto can be absorbed through the five mountain burning rituals and food by the river of Kamogawa.
  • “The Festival of the Ages” is a popular festival held at Heian-jingu Shrine where the historic rituals of the ages continue to be carried out. In addition, “Kyoto International Performing Arts Festival KYOTO EXPERIMENT” provides a platform for cutting edge performing art work from around Japan and the globe.
  • The shrines and temples attract further tourists with their special illuminations. A Kabuki show with an all-star cast is staged in December in the Minamiza Theater. Furthermore, February sees the many art universities in Kyoto showcase their students work.

活動スペース

施設名
建物の種類
広さ
部屋数
冷暖房設備
ネット環境
一部wifi使用可
備考
宿泊施設は京都芸術センター内にはなく、滞在作家にあわせて近隣の宿泊施設をアレンジします。

Accommodation Space

Name of Facility
Type of Building
Size (Total floor space)
Number of Rooms
Airconditioning/Heating Facilities
Internet Access
Remarks

制作スペース

施設名
京都芸術センター 制作室1〜12
広さ
36~88㎡
ネット環境
南館ではwifi使用可
備考

京都芸術センター1京都芸術センター2

Studio Space

Name of Facility
Size (Total floor space)
36~88㎡
Interntet Access
Remarks

京都芸術センター1京都芸術センター2

展示・発表スペース

施設名
京都芸術センター 講堂、フリースペース、ギャラリー北・南ほか
展示スペース
広さ
講堂・フリースペース:約310㎡、ギャラリー北:約70㎡、ギャラリー南:約90㎡
使用条件
備考

京都芸術センター3京都芸術センター4京都芸術センター5

Exhibition Space

Name of Facility
Size (Total floor space)
Conditions of Use

京都芸術センター3京都芸術センター4京都芸術センター5